カラー

【Rブリーチ・Rカラー】どれだけダメージレスにカラーできるか検証してみた

こんにちは、kanon松戸 関根です。

先月kanonにやってきたNash(ナッシュ)のR(アール)なるもの

 

R(アールてなんぞ?)

 

カラーやブリーチの際に使う処理剤です。

カラー時のダメージを大幅にカットしてくれるそうです。

特にブリーチの時に猛烈に効果を発揮するとのことで、巷ではかなり話題になってたり、なってなかったり…

だいぶ出遅れたんですが、ようやく手に入ったので早速検証してみましょう。

使い方はめちゃくちゃ簡単!

ブリーチやカラーに規定の量を混ぜて塗るだけ。

誰も間違えることは無いっしょ♪

あ…

いきなり間違えた。。。

なんかカラー剤(ブリーチも)を混ぜてからRを投入するみたいだったんだけど、混ぜる前にR入れちゃいましたねw

どんな違いがあるのかいまいち分からないんですが、後でこのせいで結果が変わったのかもとか思いたくないので間違ったやつはポイして(後で他のテストに使いましたよ)作り直し。。。

新しくちゃんとした混ぜ方で作って早速塗布!!

30分放置してお流し

シャンプー

続いてこちら

フィニッシャー

適量を

揉み込む

で、流して

ドライ

ブリーチ一回だとまだ目に見えて違いは無いですね

ただ、画像では分かりませんが、Rで処理した方が心なしか手触りが良い感じはします。

まあ、でもよく分かりません。

次行きましょー!!

2回目っ!!!

塗布して時間置いて流してドライ!

よく分かんねー!!!

最近はブリーチ剤もだいぶよくなってきていて、1回、2回じゃ、そんなアホみたいにボロボロに傷んだりしないですからね〜

こうなったら何回か繰り返して、どちらかがスタボロに痛みきるまでやらないと、はっきりした違いは分かりませんね。

ということでどちらかが、もしくは両方がスタボロになるまで続けましょう(只今の時刻22:00)

 

あとはひたすら同じ作業の繰り返し

ここからは早送りでお送りします。

esesese

スタッフが帰りきった夜中のサロンで延々この作業はなかなかメンタル削られます。。。

もう絶対結果出すしかない!!(只今23:40)

 

…ということで6回ほどブリーチ繰り返しました↓

いやー、結果出た。(00:50)

もちろん左がRを使ってブリーチした毛束なんですが、6回ブリーチしてもまだ元気ですね。

対するR未処理の方(右側)は、見るも無残なお姿に。

 

検証結果

 

これはすごいですね!!

かなりキレイな、髪に優しい仕上がりになります。

原理としては、かなりざっくり言うとカラー剤で持っていかれるダメージの部分をRが埋めていってくれるって感じです。

と言うことは傷まないカラーではないってことですね。

 

結局傷むんかい!!

 

はい。そうですね…。

ただ、トリートメントもそうですよね。ダメージを治してる訳ではなく、栄養を補給して擬似的に綺麗に見せている。

カラーして希望の色になったけど、ぱっと見ダメージがヒドイとか、ちょっと残念ですよね。

そこで、キレイに仕上げるためのR。

さらにRの成分はカラーの染料も一緒に抱え込んで4ヶ月間髪の中にとどまるらしいので、色落ちしにくい+4ヶ月以上間をあけずに次の施術をすればいい状態を維持できるんです。

素晴らしいじゃないですか!?

ということで僕はRの使用をお勧めします。

特にハイトーンカラー、ダブルカラー等される方にはかなりオススメ。

ハイダメージ、質感の大幅ダウンが見込まれる施術なので、次のカラーまでいい状態が保てたら気分いいですよね!?

ということで、興味のある方はぜひご相談ください!!
kanonホームページ

TEL:047-368-6397

関連記事

  1. カラー

    2017秋に来るカラーはコレだ(個人的な)

    こんにちは、松戸kanon 関根です。日々アッシュとかグレーと…

  2. カラー

    透明感カラーとか外国人風カラーとかへの愛を叫ぶ

    こんにちは、松戸kanon関根です近年はず…

  3. カラー

    髪の毛は白く染められるのか2

    こんにちは。松戸美容室kanon関根です。さて、先日の続き…

  4. お役立ち

    グラデーションカラー失敗しないためのポイントは!?!?

    こんにちは、松戸kanon 関根です。今日はグラデーシ…

アーカイブ

  1. カラー

    プラチナアッシュでさっさと春気分
  2. ブログ

    ホントの弾丸ツアーてこういうのを言うんだよねきっと
  3. お客様スタイル

    透明感カラーをうまく染めるにはベースが大事ですよ
  4. ブログ

    スタッフの誕生日を僕らなりに祝ってみたけどセンスがアレだったため、何とも言えない…
  5. お客様スタイル

    ブリーチベースのハイトーングレージュ
PAGE TOP